文書管理者の設定および変更方法

Collavateに設定されたドキュメントマネージャーは、すべての電子決裁ファイルの所有権者としてドキュメントを所有し、保護します。すべての電子決裁ファイルはドキュメント管理者のCollavateフォルダーに保存されます。

ドキュメント管理者の設定方法

1. 左に位置した[管理者]メニューをクリックします。 

2. [ドメイン設定]サブメニューを選択します。

3. ドキュメント管理者フィールドに自分の会社のGoogle Workspaceドメイン内のメールアドレスを入力してください。

4. スクロールしてページ下段の設定を保存するをクリックしてください。

文書管理者のアカウントを変更する方法

Collavateで既存のドキュメント管理者アカウントを新しいドキュメント管理者に変更するにはドキュメント管理者フィールドに、新しいアカウントのメールアドレスを入力し[設定を保存する]をクリックします。

その後すべての新しい電子決裁ファイルの所有権は、新たに指定されたドキュメント管理者として保存されます。

以前のドキュメント管理者が所有した電子決裁ドキュメントを新しいドキュメント管理者のアカウントへ移転するには、support@collavate.comにメールを送ってください。担当チームが、以前のドキュメント管理者のCOLLAVATEフォルダーの新しい管理者フォルダに、ドキュメントの所有権を移転し、案内します。