CC及びグループCCの使い方

この機能はCollavateビジネスにで使用可能です。

CCとグループCCを使うためにCollavate管理者が管理者>プロセスメニューで機能オプションを活性化する必要があります。

個別ユーザーにプロセスを見せたい場合はCCに、グループユーザにプロセスを見せたい場合グループCCに追加することができます。 

ワークフロープロセスを始めるとき、送信者は、CCタブを使い、個別ユーザーにプロセスを見せることができます。メンバーを追加するには、ただ、プロセスを見せたい個別ユーザーのユーザーIDを入力するだけです。ユーザー名を入力すると、Collavateは、可能性のあるユーザーのリストを提示します。

CCユーザーは、通知メールを受け取り、自身のフィードでプロセスを、プロセスが上申されら時た承認された時確認することができます。