Google WorkspaceアカウントでCollavateビジネスエディションをセットアップする

Google Workspace管理者は次ガイドによって会社のドメインにCollavateビジネスエディションを設置することができます。

ステップ 1 : 入門 #

まずGoogle Workspace管理者アカウントでログインし、Collavateを設置するには次のリンクをご訪問ください。 https://gsuite.google.com/marketplace/app/collavate/641128687171

  1. ドメインインストールボタンをクリックしてください。(Google Workspace スーパー管理者のみ設置可能)
  2. Google Workspaceの契約条件に同意します。
  3. Collavate がドメインのインストールを終了するのを待ちます。
  4. ドメインのインストールが完了すると次のイメージが表示されます。 このイメージが表示されると,ドメインの他のユーザには Collavate がインストールされていることが通知されます。

ステップ2 : Collavateの設定 #

ユーザがこのソフトウェアの使用を開始する前に,ドメイン管理者として Collavateを設定する必要があります。 まずGoogleのドライブまたはGmailのWebサイトにアクセスし右上にあるGoogleアプリアイコンをクリックしてCollavateを起動します。

Google Workspace管理者として初めてログインするときは紹介ページに従ってドキュメントマネージャーを設定し、すべてのドメインユーザーを同期する必要があります。

  1. ドキュメントマネージャーで使用するアカウントを選択し電子メール IDを入力します。 次に,”次へ”をクリックします。
  2. ドメインのユーザーと組織図を同期して”完了”をクリックします。

ドキュメントマネージャーは,処理されたすべてのファイルが転送されるアカウントです。 ドメイン内のユーザがファイルを処理すると,そのファイルの所有権は ドキュメントマネージャーに転送されます。 Googleは1つのファイルを複数所有することは許可していないため、ドキュメントマネージャーは1人だけです。 処理されたすべてのファイルは,COLLAVATE フォルダからアクセスできます。 ドキュメント マネージャーを変更する場合は管理者 設定で簡単に変更できます。

ステップ 3 : ユーザのアクティブ化 #

次にドメイン内のユーザをアクティブにします。

  1. 管理者アカウントでCollavateにログインした後、左側のツールバーの下段にある[管理者]アイコンを押してください。
  2. [ユーザー管理]メニューに移動し、確認をクリックしてユーザーを選択してください。
  3. すべてのユーザーを選択した後、アクティブステータス ドロップダウン メニューをクリックし,[アクティブ] をクリックします。
  4. これで終わりです!今アクティブにしたドメインのユーザーはCollavateにログインできます。