社内コミュニケーション改善のための5つのポイント

企業が効率的で生産的に働くカギは、コミュニケーションです。 相手がすぐそばにいるか、他の国のどこにいてもコミュニケーションがしやすいならば、詐欺と生産性、そして責任感が高まることを経験することができます。


コラベートは、まさにこの部分に役立ちます。 コラベートはユーザーがリアルタイムで接続し協業できる業務空間を作ることを専門としています。 私たちの目標は貴社の組織が効果的なコミュニケーションチャンネルを作り、貴社のビジネスをより効率的かつ効果的に運営するのに役立つワークフローを文書化することに役立てることです。

貴社のコミュニケーションを極大化するためのいくつかのポイントを紹介します。

  • すべてのチームメンバーを含ませ: コミュニケーションチャンネルが常に開いていることを確認してください。 進行状況レポート及びプロジェクトアップデートを検索して積極的に広報してください。 遠隔で働く人材にとって特に重要なポイントです!
  • 傾聴し、共感せよ: コミュニケーションは双方向過程であり、傾聴は話す人に対する尊重を意味します。 これは、チームリーダーとして解決すべき様々な問題に慣れるように役立ちます。
  • 目標と期待値を定義せよ: 管理者はチームに達成できる目標を明確に提示しなければならず、これを達成するために各チームに必要な事項を伝達しなければなりません。
  • 明確な意思伝達をせよ: メッセージが明確で理解できるか確認してください。 相手に丁寧ではっきりと言うことで、皆さんのメッセージが混乱や不快感を引き起こさずに明確に理解できるようにしてください。
  • 慎重なメディアを選択せよ: メッセージを作成した後は、メッセージが可能な最上の形式で伝えられるか確認してください。 社員との信頼を築くには対面コミュニケーションが最善ですが、常に適切なわけではありません。 メッセージの性格や、場合によっては情報の公式な記録を維持するために文書化する必要があります。


コラベートを使えば、ビジネスプロセスを自動化し、体系化するワークフロー中心のプロジェクト管理のメリットを享受できます。 チームメンバーと共に歩んで、皆のためのより良いコミュニケーション環境づくりをしてください。 詳しい内容についてはご連絡ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です