遠隔勤務向けに設計された
コラベートワークフロー

マーケットプレイスで開始:

クラウド(G-Suite)ベースの電子決裁文書/起案/承認保管サービス

コラベートにより、企業の複雑な文書承認プロセスを容易にデザインできます。

電子決裁文書の作業にチェックインチェックアウト制御が可能です。

電子決裁文書の再決裁機能と、決裁承認履歴が自動収集される強力な管理台帳機能を提供します。

クラウドソーシャルポスト方式の企業内掲示板と起案文書を協業して作成し、電子決裁後、安全な保管が可能です。 

製造と製薬、物流、金融とサービスに至るまでISOとHIPAAなどを遵守しなければならない企業が安全な電子決裁を可能に支援します。

Gmailアプリ内で電子決裁をすぐ承認します。
いつでもどこでも素早く電子決裁を検討して承認してください。
Gmailアプリ内では、コラベートへのログインは必要ありません。
googledocs

協業を通じて起案文を完成します。

企業向け内部ポスト(掲示板)、コメント、マンション夏期機能で同僚とやりとりをしながら起案文書を作っていくことができますテーマ別のグループポストを通じてグループメンバー間でアイデアを共有し討論できます。

 いいね(Like)、マンション(@)などポストや回答で同僚について言及すると、Eメールでも内容が伝わり、メールの返信で簡単に回答が上がっていきます。

グーグルドッグス(Google  Docs)を起案文書として使用すれば、電子決裁文書の作成時に同僚とリアルタイムで文書とのコラボレーションも可能です。

addfile

早くて明快な意思決定を助けます。

承認者の立場で電子決裁の内容に集中できるよう、様々なデバイス(ウェブ、モバイル、電子メール、PDF  紙の印刷)をサポートします。  

起案者の立場では、順次承認、並列合意、受信参照先、関連根拠など、電子決裁の種類別に起案の特性に合わせた決裁段階を簡単にデザインすることができます。

電子決裁の締め切りが過ぎた場合は、自動拒絶、または承認など、メンバーごとに、または電子決裁文書全体に自動処理期限を設定することができます。

detailedanalysis

電子決裁の整合性を保障します。

すべての電子決裁文書は、起案が開始されるとすぐ、文書管理者アカウントに所有権が移管されます。

そして、すべての決裁履歴は、文書管理者アカウントで追跡することができます。電子決裁承認者の電子決裁文書へのアクセスは、自分の決裁前と決裁後に分けて処理されます。

例えば、電子決裁の承認後は、読み込みの権限のみ付与したり、コメントのみできるように、各電子決裁様式や個別起案時に容易にデザインすることができます。 

中心化された電子決裁文書管理者アカウントを通じて、すべての電子決裁の統合検索と監査を進めることができます。 

コラベートはISO9001グローバル品質管理認証を受けています。

Collavate Google Docs-Add ons Screen

クライアントを確認してみてください。

お客様はNetkillerのソリューションに信頼を持ち、Netkillerも期待に応えるよう、常に発展しております。
様々な分野で適用可能なCollavateおよびセキュリティソリューションには何があるかを確認してみてください。