使用事例

コラベートは電子決裁ワークフローの全側面を向上させます。

安全なクラウド基盤の協業によってあらゆるタイプの業務を向上させます。

コラベートはコミュニケーションと統合を向上させます。

communication-integration​

背景

Google Workspaceを使用して個人チームを管理するDanaをご覧ください。 Danaは業務の流れに関して、何よりもコミュニケーションと統合の効率性を大切にしています。Danaは文書とアイディアに対するコミュニケーションを1ヶ所で中央集中化する方法を探しています。

問題点

Danaは現在メールと実際の署名を活用していますが、このワークフローをデジタル方式で維持及び管理できるツールが必要です。彼女は現在、様々な文書を共有したり、人との意思疎通と決裁業務を進めるのに制約があります。

解決策

コラベートを使用して 全てのコミュニケーションと決裁をデジタル方式で行います。 すべてのプロセスはGoogle Workspace内で行われます。 Danaのチームは、必要な文書はGoogle文書で製作し、コメントを残し、メンバーと共同作業(協業)します。 こうして作成された文書は、コラベートを通じて提出することができます。 Googleドライブ用コラベートアドオンを通して既存のワークフローを妨害せずにファイルを共有·検討し、完了した結果を承認できます。

報告および承認要請プロセスを改善します。

reports-requests

背景

中堅企業の技術管理者であるBrad Bundyに会ってみてください。 彼は簡単に管理できるポータルを通じて購買要請、経費報告書および休暇要請をルーティングしようとしています。 Bradは、このような各作業に対する専用テンプレートと上司に共有する月間レポートが必要です。

問題点

Bradが現在使用しているHRプラットフォームは、同じ文書を使用したり変更された内訳を確認するのに制約があります。 Bradは活動を追跡するために複数のツールを使用しなければならず、変更事項を直接モニタリングしてレポートを作成しなければなりません。

解決策

コラベートを通じてBradは、最も多く使用する文書をテンプレートとして作成し、容易に使用することができます。 そして、彼はすべての電子決裁要請を簡単に検討し、承認することができます。 コラベートはリアルタイムで情報を収集し、Bradは上司に共有する正確なレポートを常に作成できます。

管理およびモニタリングを向上させます。

managing-monitoring

背景

Jackie Jordan は、ビジネスワークプルによる自動化及び文書承認プロセスを管理する監督者です。 Jackieの目標は、電子決裁文書が誰が検討中なのか、あるいはどこで共有されているのかを把握することです。

問題点

Jackieはクラウド基盤の協業やワークフローツールを使用しないと、各メンバの情報収集に多くの時間を費やさなければなりません。

解決策

コラベートを使用すると、Jackieは電子決裁文書の状態をリアルタイムでモニタリングし、すべての提出及び承認活動を追跡することができます。 Jackieは今、最も多く使用されるファイルまたは文書の検討時間を評価し、コミュニケーションと協業をモニタリングすることで効率性を極大化できます。

チームワークのための文書承認

7日の無料トライアルを始めてみてください。

Collavate Services is Not Affected by Log4J Vulnerability